ギャンブルで作った借金は自己破産できる?デメリット等をまとめました。

MENU

ギャンブルの負けは自己破産できる?

 

多額の借金を背負った場合は自己破産をしてチャラにする最終手段もある

ただし借金の原因がギャンブルの場合は破産法252条1項で免責不許可と定められてる。

しかし全国の裁判所の傾向を見るとギャンブルが借金の直接的原因だと判明しても免責許可の出る事例も多数あるようだ。
つまり、法律上はNGでも、専門の弁護士を介して破産申立すれば認められる可能性はある。
ただし破産法で明記のある通り、認められない可能性もあることを認識しておかなければならない。

 

ギャンブルで自己破産する人

 

大半はリストラや脱サラをして昔は働いていた人だ。

 

 

その中でも会社員時代に高給取りだった人の比率が高い。
まず働いている人の場合、自己破産するほどの金額をギャンブルで負けること自体が難しく、多少の借金であればギャンブルをやめれば返済可能だろう。
低賃金の場合はフリーキャッシングで数百万円借りることも難しくなる。


 

1番危険なのは会社員時代に限度額の高いクレジットカードやカードローンを作った人だ。
一度作れば無職になっても借金できる特徴があり、最初は最低限の利用でもギャンブルを理由に借入すると、エスカレートして限度額一杯まで借入して自己破産するケースが多い。
200万円程度の借入枠があると、利息や遅延損害金を合わせて300万円ほどに膨れ上がり、さらに知人からの借入や家賃など生活費の滞納で総額400~500万円になってしまう。

 

一度高給与を得て退職した人は年齢的に正社員での再就職も難しくなり、再び働いても返せる金額ではなくなり自己破産するケースが多数あるようだ。

 

自己破産のデメリット

 

ギャンブルで借金が増えて行くと自暴自棄になって、ギャンブルを続けて最終的に自己破産すればいいと軽く考えてしまうものだ。
失うものが何もなければそれでもいいけど、冒頭で紹介している通りギャンブルが借金の原因だと認められないケースもある。
それでもお金のない所からは取り立てができないので最終的には借金を返さなくて済む場合もあるが、本人にお金がなくても親など身内に迷惑をかけてしまう恐れが出てくる。

 

領収書が散乱している画像

 

また、自己破産すると最低限の生活必需品を除いて財産を没収されるデメリットもある。
持ち家も任意売却か競売にかけられて失うので数百万円程度の借金で自己破産するのはリスクも大きい。

 

ほかにも警備員をはじめ特定の仕事にしびらく就けなくなり、最低でも5年はクレジットカードを作ったり新しく借金することができなくなってしまうので慎重に検討したほうがよさそうだ。