イージーサポートの軍資金で仮想通貨?クレジットカード現金化最終局面

MENU

仮想通貨で損した話

暴落していく仮想通貨

 

すでにパチンコスロット、競馬、競艇で250万円ほどの損失を出し、イージーサポートでのクレジットカード現金化での資金繰りもほぼ限界に達していた。
1日に大勝ちできても10万円~20万円。
そんな大勝ちを連勝するのは不可能に近く、もはや残された道は一攫千金を目指せるものしかなかった。
そこで興味を持ったのが仮想通貨。テレビを見て、100万円が数億円になるなど大きな夢を感じられた。

 

仮想通貨の爆発力を知ったときは、自分を救えるのは仮想通貨しかないと思っていた。
当時は芸能人も仮想通貨をやっていることを公表するケースもあり、不思議と安心感もあった。

 

仮想投資を始めたのは2017年12月でビットコインが200万円以上を付けるなどバブル相場だった時だ。

 

業界用語では、問題になったコインチェックのCMに出川哲朗が出演していたことから、2017年12月の高値付近で買った人を「出川組」というらしい。

 

証拠金取引の恐怖

クレジットカードで直接取引金を入金できる取引所もあるのだが、すでに借金を抱えていた私は30万円ほどイージーサポートの現金化で資金調達した。

 

草コインと呼ばれるものは海外口座を作る手間があり、国内でFX口座を開設できるところから始めてビットコイン一部のマイナーな仮想通貨に投資した。
当時は2018年にはビットコインは400万円、数年後には1,000万円になると言われていた。

 

暴落することなんて考えていなかったので、資金力の面もありレバレッジ(証拠金取引)を利用した。

 

わずか2週間後・・・

 

複数のモニターがあるなど快適な投資環境はなかったため、ある程度長い時間軸で投資をしていた。
値下がりしているのは確認していたが、いずれ盛り返すだろうと楽観していたところ、証券会社から追証の知らせのメールが届く。
レバレッジをかけていたので、軍資金の30万円以上の損失が出たようだ・・・

 

仮想通貨で損失を出して震える人

 

もはや複数枚持っていたクレジットカードのショッピング枠も限界にちかい。
メールを見た時には現実逃避ですぐにスマホ画面を閉じることしかできなかった。

 

数日後には強制決済完了の知らせが届き、勝手に安値で仮想通貨を売却させられた。
一応、追証発生時よりかは少し値が戻っていて、微々たる追徴金で済んだので泣けなしの現金化で対処する。(ブラックリストには載りたくないので)

 

30万円がこんな一瞬でなくなったことにびっくり。
あえていうなら、パチンコや競馬は始める前ややっているときにドキドキ感がある。
仮想通貨は買った瞬間から値下がりをしたので、手を出してみて何も楽しくなかったのと30万円がこんな一瞬で全てなくなるなんて思っていなかった。
やってみて手を出したことに一番後悔したのは仮想通貨だった。