クレジットカード現金化は借金ではなく、ショッピング枠を換金するので審査はありません。

MENU

審査に必要な書類

ショッピング枠現金化には審査という概念がない。
カード決済が正常に行われるかが事実上の審査にあたり、カード決済をしたことで業者は売上が保証されるので、スピーディーな現金化に応じられる仕組みだ。

 

私がショッピング枠現金化でイージーサポートを選んだ理由の一つが、身分証提出が不要だった点だ。
他社では身分証(本人確認書類)の提出を求められることがあるので注意しよう。
そのほか、提出する必要はないが、決済するためのクレジットカードの情報と、振込先になる口座情報が必要になる。

 

 

身分証が必要な業者

身分証明書

ショッピング枠現金化は大きく分類してキャッシュバック方式買取方式がある。
買取方式は古物法の関連で初回利用時は身分証の確認および、未成年者は親権者の同意が必須になる。
キャッシュバック方式は法律上の理由では身分証の提出が不要だが、一部の業者では自主規制で身分証提出を求められることがある。

 

つまり、買取方式の業者は身分証提出が必須。キャッシュバック方式は業者によって対応が異なってくる。

 

提出方法はメールやFAXになるので、即日現金化は可能だが、なんとなく個人情報を出すのは良い気分ではないし、こうした一手間が負担に感じる…
ショッピング枠現金化業者を選ぶ時は、身分証提出の必要可否を確認するとよいだろう。

 

 

一部の業者では認証番号が必要

イージーサポートを実際に利用した時は、当日プランを選んだのでカード決済をしてすぐに入金確認が取れた。
安心プランや他社の通常プランなど、決済をしてから数日経過してから現金化するプランもあるようだ。

 

なかには、商品発送時に同封された認証番号の書類を確認しないと現金を受け取れないケースがあるらしい。
換金率は多少優遇されるようだが、決済をした時点でこっちの支払いは確定している。そこから数日待たされたり商品を受け取っていないと現金が支払われないのは、おかしな話だ。

 

一般的にスピード対応は、即日プランや即日対応を明記していて、数日かかる条件は「通常プラン」と呼ばれている。
数日待たされる通常プランや安心プランは、利用前の審査は同じでも現金化を受けるための必要書類が多くなるケースがあることを覚えておこう。

 

 

クレジットカード発行審査に必要な書類

クレジットカードの新規発行審査を受ける場合は、身分証(本人確認書類)の提出が必須である。
楽天カードのように、申込時は不要でカード配送時に身分証を提示すれば認められるケースがある。

 

このほか、支払い用に登録する銀行口座情報と、銀行印が必要になる場合がある。
クレジットカード会社や申込方法によっては銀行印不要で登録できる場合がある。銀行印不要なのは主にオンライン申込である。

 

このほか、クレジットカードの申込は勤務先情報などの必要項目が多い。
個人情報、口座情報、勤務先情報が分かっていれば必須項目は埋められる。