イージーサポートで軍資金を確保したが、パチンコ・スロットで120万円近い負けとなった。

MENU

パチンコ・スロットで負けた話

イージーサポートで無事軍資金を確保出来た私だが、ニート生活で身につけたパチンコ、スロットとは言え、適当にやってプロになろうと思うほど馬鹿ではない。
ある程度の戦略は立てておこうとネットで情報収集する。

 

パチンコのお店

 

とあるパチプロより、パチンコは確率論で回転数と平均連チャン回数、平均出玉を分析すれば、あとは回る台に座って無駄打ちをなくせば勝てるという情報を得る。
換金率は低くて1,000円(250玉)あたりの平均回転数が多ければ勝てるようだ。着々と情報武装が進む。
プロになって継続的にやれば、長期的に見て大負けすることもないことを知り、当時は大負けなんてする気もせずにクレジットカード現金化で資金調達した。

 

結果は1ヶ月で40万円の負け・・・

 

確率論なら、長くやるほど期待値に近づける。そう信じて資金調達を繰り返して継続したが、2ヶ月目も34万円の負け・・・

 

どういうことだ??確率論よりも低すぎる。1,000回転回る確率は当時主流だった319分の1のタイプで5%ほど。
朝から打って初当たりまでオオハマリするのは月に1.5回しかない計算なのに、2ヶ月で10回ほどもハマった。
ほかにも全体的に事前計算した予想値を大幅に下回る内容だ・・・
おかしい。真偽は分からないが遠隔操作か不正基盤を使っているように疑ってならなかった。

 

スロットへの転向で大負け

 

パチンコで大負けしたある日、何気なく打ったスロットがたまたま大フィーバーする。
後日、スロット雑誌を見ると設定6の可能性が濃厚な演出が出ていたことが判明。
なるほど、パチンコよりもスロットで良い設定台を打った方が効率良さそうだ。

 

パチンコ以上に入念なデータを取ってイベント情報もチェック。高設定を期待できる台に陣取る。
今は朝から大行列作るお店も少なく、少し早起きして並べば比較的狙った台を取れやすい。

 

しかし・・・スロット転向1ヶ月で40万円の負け・・・・

 

スロットに大負けして落ち込む男性

 

確かにスロットは高設定であれば勝てる確率が格段に上がり、小役の取りこぼしをしない打ち方さえすればOKなので簡単だ。
しかし、設定を見極めるには相応の回転数をこなす必要があり、答え合わせが難しい。
場合によっては設定6で大ハマリしたり、設定1で大連チャンすることもある。
損失が膨らんでいくと精神的に不安定になって台移動することも増え、どんどん素人の雑な適当打ちに戻っていく。
本当にパチンコ、スロットで勝ち続けるプロはいるのだろうか?都市伝説に感じてきた。

 

すでに3ヶ月で120万円近い負け。生活費を最低限に抑えても150万円ほどの借金に膨らんでおり、イージーサポートで調達した現金は既に虫の息。

 

その後は仮想通貨、競馬、競艇に手を出して損失を拡大させることになる。続きも見てくれ。