ショッピング枠はいくらまで広がる?キャッシング無しの方が審査は緩い!

MENU

ショッピング枠はいくらまで広がる?

 

働いていた時も平凡な収入で、ニートをしていたのに300万円現金化したのは嘘だと言われることはよくある。
おそらく働いていた時でも消費者金融から300万円の借入を希望しても審査は通らなかっただろう。
しかし、クレジットカードのショッピング枠であれば300万円まで広げることは難しくない。

 

1枚のカードだと、相応のクラスにステップアップしないといけないが、一般的なカードを複数枚持てば難しくない。

 

たまたま学生時代に入会特典で作ったキャッシング枠0円のカードも何枚か持っていたことと、メインで使っているカードをゴールドカードに切り替えたことで300万円の現金化に成功した。

 

ショッピング枠の決まり方

 

  • カードの上限
  • 契約者(申込者の利用額)
  • 審査

 

この3点によってショッピング枠は決まる。
まず1枚のカードには限度額の上限設定がある。

 

年会費数十万円するブラックカードはショッピング枠無制限とか数億円という設定もあるが、年会費無料のカードは50万円~100万円が上限になる。
学生向けカードでは30万円とショッピング枠を抑えた商品になる。

 

年会費の必要なタイプ(ゴールド含む)では200万円ほどが上限の目安。
プラチナに行くとカードごとの格差は大きい。
ゴールドカードは年会費1万円ほどかかるが、旅行保険が充実していたので若い時に海外旅行に行く際に作っておいて、上限の200万円に設定されていたのが大きかった。

 

ゴールドカードくらいなら各種支払いをまとめたりすればポイントの優遇で年会費分の元も取れる。

 

 

自動審査によるカードが流行

 

ショッピング枠がついたクレジットカード

カード発行時はショッピング枠の上限に申込はできず、少なめの金額に設定されていることが多い。
カード会社からしてみても新規ユーザーは信用していないことが理由だ。
その後、利用実績と滞りない支払いをしていくと限度額の引き上げ審査を行う流れになる。

 

利用者から申込をした場合はもちろん、カード会社によって無断で自動審査をしてショッピング枠を引き上げられることもある。
問題なく支払いをできる優良ユーザーであれば、どんどんカードを使ってもらおうとショッピング枠を引き上げて優遇する狙いによるものだ。

 

つまり、ショッピング枠の引き上げをしていなくても長年愛用しているカードなら、上限までショッピング枠が広がっていることもよくある。
元ニート経験者からのアドバイスとして、仕事を辞めるときは一応カードのショッピング枠を広げられないか審査を受けておくとよいだろう。

 

 

キャッシングなしのカードが有利

 

カードの審査では、他社のカードの発行状況も審査対象になる。
そこでポイントになるのがキャッシング枠だ。借入専用枠のため貸金業法にも引っかかり、規制もいろいろと多くなる。

 

キャッシング機能は、いつでもATMから引き出せる特性から使っていなくても、全額借金している扱いになってしまう。

 

たとえば、キャッシング枠30万円のカードを3枚持っていたら、審査では消費者金融で90万円借りているのと同じ扱いになる。
ちょっとした裏技のようなテクニックだが、現金化で大金を調達したいなら、キャッシング機能なしのカードを複数作っておく手段もある。