イージーサポートで現金化した後の処理!ギャンブルと確定申告の関係とは

MENU

ギャンブルの儲けは確定申告しなければならない

 

確定申告を提出する税務署

 

イージーサポートで現金を手にし、ギャンブルで食っていく事を決意した私だが、一つだけ気がかりな事がある。
ギャンブルはパチンコや競馬など理由を問わず、全て一時所得か雑所得になるようなのだ。
最近では競馬のハズレ馬券を経費にするための裁判が話題になった。
基本的には年間20万円の控除枠があるので、ちょっとくらいの利益は確定申告不要だ。

 

しかし、一度はパチプロを目指した中で、ギャンブルで大儲けした人の話もいくらか聞いた。
結論から言うとギャンブルで確定申告している人は皆無に等しい。

 

ギャンブルは現金のやり取りがメイン

 

パチンコ、スロットの場合は台に併設している両替機に現金を突っ込むと玉やメダルが出てくる。
換金するときは、集計機に入れたレシートを景品所に持っていき、お店の近くにある交換所で特殊景品を出すと現金が出てくる仕組みだ。
パチンコ店ごとに会員カードを用意しているが、税務署は会員カードの情報や出玉の出入りまで追いかけないので、お得な特典があれば会員サービスも利用するべきだ。

 

競馬、競艇の場合はネット投票もできるが、レース会場(競馬場など)や場外発売をしている場合は現金で馬券を買って現金で払い戻しを受け取る。
高額払い戻しは機械では対応できないので専用窓口(個室)での対応になるが、それでも個人情報は不要だ。

 

確定申告しなくて問題になるのは競馬などネット投票で履歴を残してしまうケース。
そして年間数千万円の利益を出している場合のみで、税務署も数十万円、数百万円の申告漏れを追いかけるほど暇ではない。

 

一応言っておくが、私はギャンブルする人に未申告を推奨しているのではなく、あくまでも自分の周りの現状や調べたことを話しただけだ。

もし当サイトに「申告した方がいいですか?」なんて質問がきたら、間違いなく確定申告するようにと返答する。

 

なぜなら責任を取れないし、控除枠を超えたら申告するというルールが存在しているからだ。
ギャンブルで儲けているのに確定申告しない選択をするのは自己責任で行ってくれ。

 

損益通算もできない

 

正規として事業の届出をしている場合は別だが、ギャンブルの場合は現金決済で足が付きにくい特性もある分、事業として認められるのは難しく損失を翌年に繰り越すことはできない。
もちろん私も大きな損失を出したが、損益通算の確定申告はしていない。

過去にどれだけ負けていても、個人の場合は1-12月の1年で利益が出たら確定申告は必要になる。

 

 

投資商品は必要

 

株、FX、仮想通貨もギャンブルとしてやろうとする人がいるが投資商品は証券口座を開設しないとならず、確定申告の必要性は高い。
株であれば、勝手に税金を差し引く口座もあるが、FX、仮想通貨、先物は毎年確定申告をして税金を後納する仕組みだ。
私も仮想通貨で儲かったら確定申告するつもりだった。

 

証券口座が必要なものは金融商品になり、バイナリーオプションなどギャンブル性の高いものでも、確定申告の必要性はパチンコや競馬と全然変わってくることを覚えておいてくれ。